【紺野ひかる】スレンダー人妻が痴女って寝取られ中出しセックス

スレンダーで美人な紺野ひかるさんが人妻役として出演していました。

欲求不満だった彼女はお隣さんのチンコを見てしまって、欲情してしまう。

自ら誘惑して、中出しセックスをしてしまう。

↓高画質の動画本編はこちらから↓

・動画タイトル: 愛液唾液汗だく中出し性交 理性の吹き飛んだウチの妻 紺野ひかる
・主演女優: 紺野ひかる
・メーカー名: 人妻花園劇場
・監督: 大崎広浩治
・画質:HD:1920×1080pixel SD:864×480pixel LD:640×356pixel

紺野ひかるさん演じる人妻は、夫に構ってもらえず欲求不満でした。

そんなある日、お隣さんのチンコを見てしまいます。

それがきっかけで欲情して、自らそのお隣さんを誘い、中出しセックスをすることになるというのがこの作品です。

まず、彼女が欲情することになったきっかけである、お隣さんのチンコを見るということについてですが個人的にはありかなと思いました。

どのようなシチュエーションでお隣さんのチンコを観ることになったのかというと、彼女がまずお隣さんにおすそ分けをしに行きます。

すると返事がないので扉を開けたら全裸のお隣さんがいたというわけです。

そこでチンコを観たということですね。

まあ、こんなシチュエーションはリアルには存在しないのですが、それでも少しはあり得そうな感じがするので個人的にはアリですね。

少しでもリアリティが感じられると、見ているこちらのテンションも上がりますよね。

さて、それからですが、お隣さんのお風呂が使えなくなったとのことで、お隣さんは銭湯に行くことに。

そこで欲情している彼女は自分の家のお風呂を使ったらどうだと提案します。

この提案もかなり大胆で、見ていた時けっこうドキドキしましたね。

いい演出だと思います。

今度から銭湯に行くときにちょっと意識しちゃいますね。

さて、そこでお隣さんも紺野ひかるさんが妻だったらほっとかないのに、と発言します。

そこで完全に彼女は堕ちて、彼にセックスをしてほしいと強引に誘います。

そこからは何度もセックスをすることになります。

夫がいるのにもかかわらず、他人のチンコを自ら受け入れるという背徳セックスを見せてくれました。

セックスの内容ですが、非常に良かったと思います。

まず、欲求不満な紺野ひかるサンが激しく男を求めるというのがしっかりと演技できていました。

普段から欲求不満だからか、愛液があふれていましたし、めちゃくちゃ興奮しているのが見て取れました。

彼女が興奮しているのを見ると、こちらもとても興奮できますね。

さて、男の方も結局スイッチが入ってしまい、激しくピストンをすることになります。

それによって彼女もさらに快楽に溺れていきます。

個人的には対面座位で密着しながらしているのが最高に濃密な感じがしてエロいなと思いました。

また最後に中出しがあるというのも背徳感を増していてとてもいいなと思いました。

さて、始めのSEX以降は何度もセックスをする関係になるのですが、この何度も交わるというのもめちゃくちゃ興奮しました。

もう夫よりも隣人を選んでいるというのが伝わってきましたね。

理性が有れば隣人と何度もセックスするのは良くないことだとわかるはずなのですが、それなのに隣人とセックスしています。

ということはそれだけ理性が吹き飛んでいて、それほど気持ちのいいセックスだったということですね。

そう考えるとただでさえエロいこの作品がよりエロく見えますね。

というわけでスレンダーで美人な人妻が隣人を誘惑して寝取りセックスをすると言う作品になりました。

欲求不満の人妻の色気や性欲の強さがしっかりと表現されていた作品で、とてもいい作品だと思いました。

>>高画質の動画本編を見るならこちらから

一押し!お勧めのAV見放題サービス『H-NEXT』

  • アダルト動画40,000本以上が見放題!
  • 毎月たくさんのAVが追加されるから飽きがこない
  • 月額料金は2,189円(税込)とAV1、2本程度の安さ
  • アダルト作品以外にも映画やドラマアニメなども見放題
  • 31日間の無料体験があるから抜ける作品がなければその期間中に解約すれば一切お金はかからない
  • 人気女優の作品も数多く見放題にそろっている
  • マジックミラー号・家まで行っていいですか?・ナンパものなど人気シリーズも見放題であり

↓コスパ最高のAV見放題サービス↓

※すべての作品が見放題ではありません。
ポイントが必要な作品もありますがポイントが毎月もらえるのでそれを使えば見れます。

AV女優
安全な有料アダルトサイトの徹底比較!初心者におすすめ|エロ動画の館
タイトルとURLをコピーしました